Entries

一昨日の棚田と貝ヶ平山

夜明け前に来たかいがあったという1枚。重要なのは光(影)です。
20170605_207.jpg
トーゼンあぜ道に寝転んでこんなんも。
濡れるし汚れるし・・・でもそれ用の服装やし。
20170605_180.jpg
きのうの足跡ご本人と思われます(笑)。
20170605_118.jpg

20170605_173.jpg
さて、棚田撮影が終わって貝ヶ平山です。
だいたいこの辺りから登るというのはわかるんですが、とっかかりがどうもよくわからん。
とりあえずいただきま~す
20170605_239.jpg
お、立ち話中のお二人見つけ!「すみません、貝ヶ平山を登りたいんですが、どこから行けばいいんでしょうか」
「そこでもええけど倒木が路をふさいでるよって、もうちょっと上のあの道から行ったらええわ」
「ありがとうございます」「携帯持ってはる?」「はい?」「マムシが出るさかいにな・・・」
あまりにワタシの顔色が変わったからか、それともドン引きが態度に出たか・・・
「いや、しょっちゅう出るわけやないで(笑)」「出ますか?」「まあ大丈夫やろ(根拠は?)」
「杖作るよってこれ持って行き。藪に入ったらこれで草たたいてな、んなら逃げて行きよる」「・・・」
小屋から適当な木を見繕って鉈で杖作ってくれてはります~。
めっちゃ立派やし(笑)立派過ぎて重いねんけど(笑)、断るわけにもいかんし。
「すみません、ありがとうございます」「きーつけて行きや」
20170605_230.jpg
杖持って小1時間登ると、はは~ここやな。
20170605_236.jpg
実は発掘道具(マイナスドライバーとトンカチ)を忘れてきてます(笑)。道具は車にいつもあるサバイバルツールひとつ。でもこれはええかげんな道具ではどっちみち歯が立たんわ!で、ツールと落ちてる石で格闘してみました。
貝の痕跡はある、でも貝そのものは・・・。
かなり大がかりに崩した跡もあるな、これはええかげんな遊びじゃなさそう。
20170605_232.jpg

20170605_234.jpg
そんなこんなで収穫もなく下山、歩くことより杖を振り回すのに疲れました(笑)。

スポンサーサイト

8件のコメント

[C5002] いややなぁニョロリ

こわいなぁニョロリ ┐(´д`)┌
前を横切ったらしばらく動けなくなります。
足元の見えない薮を歩くときはかなりの勇気をふりしぼり、神様仏様に祈りながら進みます。
「神様仏様、もう悪いことしません、ニョロリがでませんようにっ!!」ってね。
いや、悪いことって言ってもTsuguさんと同じくらいのかわいいもんです。
ちなみにお恭は天使ではありません ( ̄w ̄)

[C5003] (^◇^)ニョロー!

ニョロリ怖いわな。
細い高い所とどっちが怖いかな。
継さんが 杖振り回しながら歩くの想像して思い切り笑いました。
私の山ランコースに長〜いニョロリの脱皮が木に巻きついてた。
ヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
私は善人です、まるで天使と呼ばれています、どうかニョロリに出くわしませんようにと神仏に祈りながら 逃げ帰ったのであります。
継さんとkeiちゃんは可哀想にワルサなので出くわすね、きっと。フフン
  • 2017-06-05
  • 天使のお恭
  • URL
  • 編集

[C5005] keikoさん

お恭さんが天使じゃないのは知ってます(笑)。
フライフィッシングやってた頃は頻繁に出くわしました。
ワタシの長所(?)は次の瞬間に忘れてるってこと(笑)。
全く脚が止まりません、影響なし。

そういう呪文が必要なのは人に言えない事がいっぱいある、おぬし相当な悪じゃな?

[C5006] 天使のお恭さん

今朝起きたら右腕が軽い筋肉痛です(笑)。
あの杖は立派すぎて、まるで仙人が持つようでした。
天使のお恭さんとやら・・・多分天使は「わたしは天使よ~」とは言わないと思う。
「まるで天使」と言った人、それは大いなる勘違いです(笑)。

[C5007]

天使と言われたのは大ウソです。笑
占いのおばちゃんに
( ̄▽ ̄)あんたは悪魔よ。
って言われた。
あははは
  • 2017-06-06
  • 京の恭
  • URL
  • 編集

[C5008] 棚田

いーの撮れましたね。ずるいなあー笑。

後で調べてみたら龍王ヶ淵のあたりもまむしに注意らしいです。
  • 2017-06-06
  • まよ
  • URL
  • 編集

[C5011] 京の恭ちゃん

やっぱりウソか(笑)。
でも悪魔と言った占いのおばちゃんは大うそつきです。

[C5012] まよさん

あのあたりもやばかったんですか(笑)?
知らぬが仏、いい昼食でしたねえ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月の石

tsugu

Author:tsugu
1947年奈良県生れ 大阪市在住

ポストカード取扱い店

奈良市の「くるみの木・雑貨cage」で 「奈良市」をテーマに http://www.kuruminoki.co.jp/m1frame.html

京都・山崎「Relish」 http://www.relish-style.com/

奈良市・「FIELD NOTE」    http://field-note.main.jp/home.html

(順不同です)