Entries

デート

7月28日にキャンセルだったデートは今日でした。
阪急梅田駅で会ってコーヒーをいただきながら・・・
話しを大まかに分けると
①カメラが故障したようなんだけど、よくわからない。
➁写真コンテストに応募したいけど、募集要綱がよくわからがい。
まあ、こんな感じかな?

①のカメラの故障
触ってみたら、確かにレンズのほうに何か不具合があるようですね~。
さるメーカーのサービスステーションへ連れて行きました。
「このカメラの保障期限は2007年5月までなので・・・」
彼女はそんな返事で引き下がらないです。
ここまで来る間にもお父さんの時計を修理した時の顛末を聞いたばかり。
「どうしてですか?」それからあれこれ担当さんと問答があって、技術さんも出てきて「ひょっとしたら直せるかもしれません。1時間ほどお待ちいただけますか?」
ここでワタシはお別れしたんですが・・・(多分グリスアップでなんとかなったんじゃないかと)。
彼女はフィルムカメラをマニュアルで使ってはります。買い換えるなんてこれっぽっちも考えていないです。
みんながこうだから私もそうしようなんて、彼女の考えに入りこむことは絶対にないと思う。
ウーン・・・(イギリス留学した)夏目漱石が、新しいもに飛びつく日本人を「未練無き国民」と表現した意味がわかったような。
でもこの日本人の気質が明治維新を過ごし、今の技術革新をもたらしたともいえるんですが。
➁の写真募集のことは、さっきホームページを見てもよくわからないです。
応募はメールに画像を添付するんですが、彼女はパソコン嫌い!しかもフィルムカメラ!!
(気に入った写真はお店でデジタルスキャンしてもらって、CD保存しているとのこと)
(メールしない、パソコン持たない。きらい。じゃあどうやって応募するねん)(笑)
なんとか力になりたいんですが、さてさてどうなりますことやら。
20160804_218.jpg
彼女はユーゴスラビア連邦出身なんですが、ご存知のようにその国は今はありません。
第1次世界大戦後、ユーゴスラビアを含むバルカン半島は「ヨーロッパの火薬庫」と呼ばれて、紛争が絶えなかった土地。
日本人のワタシから見たら「民族が違うってゆーても同じ国民なんやから、もうちょっと仲良くしたら?」と思うんですが、今日彼女が自分の意見を言う時の揺るぎない信念!意固地にも見えるほど意見を通すところ。うーん・・・よくも悪くも日本人(大阪人)の「まあええやん」的な柔軟さ(ええかげんさ)皆無。これじゃあ衝突するわなと、妙に感心(納得)してしまいました(笑)。
そしてバルカン半島の歴史も改めて勉強しました。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月の石

tsugu

Author:tsugu
1947年奈良県生れ 大阪市在住

ポストカード取扱い店

奈良市の「くるみの木・雑貨cage」で 「奈良市」をテーマに http://www.kuruminoki.co.jp/m1frame.html

京都・山崎「Relish」 http://www.relish-style.com/

奈良市・「FIELD NOTE」    http://field-note.main.jp/home.html

(順不同です)