Entries

先ず便石山レポートから

盛りだくさんの3日間だったんですが、先ずは注目(?)の「便石山びんしやま・象の背」から。
車で出発点近くまで来た時「ひょっとしてあれが便石山か?」
標高はそんなに高いとは思えんけど、かき氷みたいにどわーっと立ちあがってます。
だからあんな景色が見られるんやろね、ちょっと不安~。
スタートは熊野古道です。石畳の気持ちいい道♬
20170328_425.jpg
ここは宣伝ポスターにも使われている場所なので、見たことがあるかも?
20170328_421.jpg
道とは思えないような急坂の場所もあります。
通る旅人も大変なんでしょうが、ここを整備した人たちの苦労たるや!
重機ないんですよ!そのエネルギーにため息が出ます。
20170328_427.jpg
石割の根(?)てな気楽なことを云ってられるのはこの辺りまで。
20170328_417.jpg
「もうちょっと工夫してくれよ」「マジか!」「なんちゅう道や」ひたすらボヤキが出る道。直登のみ!
以後山頂までカメラはリュックの中、三脚が負担になってくる。
道端に隠しておこうか・・・そうすると写真が撮れないかも・・・。
20170328_430.jpg
なんとか象の背へ到着すると、カップ麺をすする男性1名。
(知らない人にはわからんでしょうが、風草木のじゅんぺいさんみたいなタイプいい男でした)
お互いに撮りっこしたのがきのうの写真です。
いや~いてくれてよかった、三脚とリモコンシャッターではとてもあんな写真は撮れない。
ワタシがカップ麺を作っている間に、彼は先端まで行って腹這いになって真下を動画撮影してはりました。
信じられん(笑)!
一人になってからせっかく三脚を持って来てるんやからってことで、食後に1枚。
けっこう強い風が後ろから吹いているのがわかるでしょ?
なんの芸もなくまた両手を広げて(笑)、というかこれが精いっぱいの芸。
三脚の横を通るのが怖いんです。
計画ではカップ麺片手に土俵入りのはずだったんですがね(笑)。
強心臓の人にいただいた手拭いを、お守り替わりに頭に巻いてたんですが効果まったくなし!
でもね
きのうの写真を見てワタシ喜んでることがひとつ。
人って左右のバランスが自分で思ってるよりズレてることが多いんですが、広げた両手が左右揃ってるんですよね。
これ自分をほめてあげました。
20170328_411.jpg
雲一つない快晴はこの日だけでした。
3枚を合成してパノラマ写真にしたもの。
下りは完全に膝が笑う状態(笑)、こんなん久しぶりです。
20170328a.jpg
この後尾鷲市の「夢古道の湯」でやれやれです。
海洋深層水を使ったお湯とのこと。
一人用の露天風呂に浸かれば、水面には青い空と白い雲に萌ぎ色が映りこんでゴクラ~ク。
この温泉の効用があったからこの程度の筋肉痛で済んでいるのか?
今日動くたびにうう~とかアイタタとかです(笑)。
43km歩いた時もこの前六甲へ行った時も、筋肉痛はほぼないという状態だったのにね~。
スポンサーサイト

2件のコメント

[C4894] 悔しいほど

青空の中でオレンジのジャケットの継さんは輝いてる。
チャレンジ精神と怖さを面白がる余裕。
継さんの魅力。
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ かっけーです!
ポストカードにして下さいね、私 欲しい。
  • 2017-03-31
  • 京の恭
  • URL
  • 編集

[C4896] 京の恭ちゃん

この写真をズームしたら、完全に顔が引きつってますねん(笑)。
プリントよりデータでならいいかとも思ったんですが、データはズームできるな、めっちゃ笑うで。
プリントならズームしないのでプリントにしましょ。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月の石

tsugu

Author:tsugu
1947年奈良県生れ 大阪市在住

ポストカード取扱い店

奈良市の「くるみの木・雑貨cage」で 「奈良市」をテーマに http://www.kuruminoki.co.jp/m1frame.html

京都・山崎「Relish」 http://www.relish-style.com/

奈良市・「FIELD NOTE」    http://field-note.main.jp/home.html

(順不同です)